ヘアケア

シャワー時の抜け毛を防ぐ方法

お風呂の排水溝に髪の毛がいっぱい。

どきっとしたことありますよね。

髪の毛が抜ける原因のはヘアサイクルが関係しています。

簡単に言うと、発毛→成長期→退行期→休止期の段階を経て、髪の毛は自然に抜けます。
これをヘアサイクルと呼んでいます。

人によって違いますが、日本人の毛髪は約10万本前後と言われています。

平均的なヘアサイクルなら、1日で80~100本程度が自然に抜けるという計算。

つまり、100本前後の抜け毛は想定内だということです。
さらに、1日の半分以上が洗髪時に抜けるといわれますので、50本程度だったら想定内。

しかし、心配なら抜けた髪の毛をよく見ましょう。

抜けた髪の毛に極端に短いものがありませんか?

これは、まだ成長期のものが脱毛したかもしれません。

つまり、薄毛や脱毛のサインかもしれないんです。

抜け毛を減らすために

だとしたら、成長期の毛髪が抜けるのを防ぐことはできるのでしょうか。

それには「なぜ成長期の髪の毛が抜けるのか」を知ることが大事です。

生えたばかりの毛が抜ける原因のは、男性の場合AGAと呼ばれる症状が多いです。

また、女の人は加齢や閉経などをきっかけに、抜け毛が増えたりします。

これは、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が関係しています、この生成を抑えるための経口薬や外用薬は病院で処方してもらったり手に入れることができます。

次に大きいのが、頭皮の血行不良です。

毛乳頭や毛母細胞には、血液により栄養や酸素などが運ばれます。血流が滞れば当然、髪の健康に影響を及ぼします。

この解消のためには、血行促進成分が配合された育毛剤や育毛トニックを使うほか、リンパケアが必要になります。

シャンプーも原因の場合があります。

シャンプーで汚れを落とすことができるのは界面活性剤という成分の作用ですが、これが石油系のものだと洗浄力が強すぎ、必要な皮脂まで除去して過乾燥を引き起こします。

そうなると、頭皮トラブルにより抜け毛が増えてしまいます。

洗浄力が強いシャンプーは毛髪をきしませ、洗髪時の摩擦が大きくなり、引っ張られることで抜け毛が多くなり、キューティクルも損傷します。

ですから、なるべく市販のシャンプーは使わず、美容院などで、自分に合ったシャンプーを助言してもらい、使ってみましょう。

このほか、ストレス・睡眠不足・食生活・紫外線なども、抜け毛の原因になります。

これらはすべて、頭皮トラブルや血流不足の原因となるからです。

ですから、抜け毛が増えたなと思ったら、適切な頭皮・毛髪ケア心がけるのに加え、健康的な生活・食生活を送れるよう気を付けましょう。

岡町の美容室ディヴァーナ

岡町の美容室ディヴァーナは予約制となっております。

思い立ったら、24時間、是非Web予約か予約フォームにてご予約下さい。

お電話も転送になっておりますので、いつでもお電話ください。

TEL 0564-51-8848