ヘアケア

髪の毛のためni

髪の長さ、ヘアスタイル、質感に関係なく、誰にでもきれいな髪になるための3つの決まり事。

ルール1:目の粗いコームなどを使う

髪は、ヘアカラーやパーマでも痛むけれど、普段のブラッシングでも痛みます。髪の毛はタオルで拭いたり、ブラッシングした時の摩擦で傷んでいく場合があります。

ブラッシングで使うヘアケア用品には動物の毛のブラシやコームタイプ、ロールブラシなどいろいろありますが、すでにからんでいる場合、髪の毛が濡れている場合は目の粗いコームを使ってみましょう。

目の粗いコームは、ウェーブヘア、ストレートなどどんな髪質の人にも万能。お風呂場で、シャンプーやトリートメントを付けてコーミングもできますし、絡んでいる場合は無理をしないで、毛先から少しずつほぐすように、髪を優しくとかして下さい。

髪の毛をとかす場合は髪に何かつける

コームがなめらかに髪をすべるよう、ヘアオイルやヘアセラムなどのヘア製品を塗ってから髪をとかすのが良いそう。

髪の毛が濡れている場合は、目の粗いコームが一番良いでしょう。お風呂に1本目の粗いコームを酔いしておくと便利です。又は乾いているときも、濡れているときも使えるハイブリッドブラシもディヴァーナにはございます。

特に髪の毛は、濡れている状態だと何をやるにもダメージを受けやすいので、ヘアトリートメントやヘアオイルなど、髪の毛のからまりをほぐすために使えるものがあるので、何かは付けてからとかしたほうがいいでしょう。

スキンケアやメイクのアイテムはいろいろ試しても、なかなかヘアケア製品はそこまで気を使わない方がいらっしゃいますが、自分の髪に合う製品を見つけるためにディヴァーナのスタッフにご相談ください。

ルール3:栄養をしっかり摂る

食べるものは、髪に限らず身体全体に影響を与えます。岡崎市にお住まいなら、八丁味噌のお味噌汁をお勧めします。八丁味噌には、IGF-1を増加させることがわかっています。IGF-1とは成長ホルモンの刺激を受けて分泌される成長因子のひとつです。具は必ず豆腐を入れましょう。豆腐は1日半丁取ると大豆イソフラボンも取れて、発毛が期待できます。

なかなか毎日食事に気を遣えない場合は、サプリメントを摂ることをお勧めします。コラーゲン、ビオチン、アミノ酸などの髪に必要な栄養を摂れば、髪の毛の成長も促進しますし、髪質が改善する可能性があります。それに、爪や肌も状態が良くなるよ場合もございます。髪の毛はもちろん、他にもうれしいおまけもついてきます。

 

岡町の美容室ディヴァーナ

岡町の美容室ディヴァーナは予約制となっております。

思い立ったら、24時間、是非Web予約か予約フォームにてご予約下さい。

お電話も転送になっておりますので、いつでもお電話ください。

TEL 0564-51-8848