腸活

髪の毛を増やすため

老化で減少するIGF-Iを再び増やす方法

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することが「IGF-I」を増やしやすいです。

IGF-Iは、人間の体内に存在している物質です。筋肉、骨、皮膚、神経、内臓のほか、唾液などにも含まれているアミノ酸結合体です。

IGF-Iは年をとるにつれて少なくなっていきます。それで抜け毛・薄毛に悩む人が増えていくの場合が多いです。

不足したIGF-Iを再び増やすことはできないのでしょうか? ある人の研究によって、胃や皮膚の知覚神経を刺激すれば、安全に、しかも効率的にIGF-Iを増やせることを突き止められたそうです。具体的には、トウガラシの辛味成分であるカプサイシンと、大豆のえぐみ成分であるイソフラボンを、同時に摂取するといいそうです。

カプサイシン+イソフラボンが発毛を促すメカニズム

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取するとなぜIGF-Iが増えるのかというと、知覚神経から放出される「カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)」と呼ばれる成分が、IGF-Iをつくらせるのだそうです。CGRPは、本来、女性ホルモンによってつくられるものなのですが、実はイソフラボンにも同様にCGRPを増やす働きがあるのです。カプサイシンは、知覚神経を刺激してCGRPの放出を促す働きがあることが分かっているらしいです。

イソフラボンでCGRPをつくらせ、カプサイシンでそれを放出させると、最も効率よくIGF-Iを増やすことができます。カプサイシンだけでもある程度の育毛効果がありそうですが、カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取するほうが、さらに育毛効果がより高くなることが予想できるでしょう。

イソフラボンを含む豆腐は健康食品として認知されていますが、トウガラシみたいな刺激物は、胃を悪くしたり、体に悪い影響を及ぼしそうでした。カプサイシンのような多少の刺激物を取ることによって、今は育毛に効果的らしそうです。

しかし、育毛効果があるとしても、唐辛子など刺激物を食べ過ぎると、育毛効果は逆に低下する可能性があります。IGF-Iは夜間に増えるらしいので、1日に1度で十分ですから、晩御飯に唐辛子と豆腐を使ったおかずを食べてみましょう。

岡町の美容室ディヴァーナ

岡町の美容室ディヴァーナは予約制となっております。

思い立ったら、24時間、是非Web予約か予約フォームにてご予約下さい。

お電話も転送になっておりますので、いつでもお電話ください。

TEL 0564-51-8848