スペイン語の子どもの本専門ネット書店/7000円以上で国内送料無料                    

  

東京都公安委員会
古物商
許可第305481408610
宇野和美

カートを見る

取扱書籍一覧
本をさがす
キーワード

「タイトル」「著者名」「イラストレータ名」「日本語版タイトル」から、取扱書籍を検索できます。
スペイン語のアクセントはつけずに入力してください。
・タイトルNo paso nadaでさがすなら
  入力例 no paso nada
                 no nada
     
(一部の語も可。
      すべて小文字で入力)

・日本語版タイトル『ペドロの作文』で
 さがすなら

  入力例 ペドロの作文
       ぺどろのさくぶん
  (部分も可。ひらがなも可)
・著者Antonio Skarmetaでさがすなら
  入力例 antonio
                 skarmeta
                 antonio skarmeta
        
 (すべて小文字で入力)
・著者名アントニオ・スカルメタでさがす なら
  入力例 アントニオ
       スカルメタ
       アントニオスカルメタ
   
(全体を入力するときは続けて)

 

日本語版がある本 > 日本語版あり 絵本 > Por que tenemos miedo? /『どうしてこわいの?』(偕成社)原作
商品詳細

Por que tenemos miedo? /『どうしてこわいの?』(偕成社)原作



商品番号 22dic05
書名 Por que tenemos miedo? /『どうしてこわいの?』(偕成社)原作
販売価格 2,600円

数量:

はじめて読むなら

タイトル: ¿Por qué tenemos miedo? /『どうしてこわいの?』(偕成社)原作
文: Fran Pintadera
フラン・ピンタデーラ(スペイン)
絵: Ana Sender
アナ・センデル(スペイン)
出版社: Akiara Books, 2022
サイズ: 28x24cm, ハードカバー
ページ数: 40ページ
対象年齢: 5歳から
ISBN: 9788418972089

内容
かみなりのあと、停電で家の中がまっ暗になりました。おとうさんがろうそくに火を灯したとき、マックスはたずねました。「おとうさん、こわいとおもったことある?」「だれでもこわいっておもうことはあるよ」と、おとうさんは、いくつもの「こわい」について話してくれました。知らないことをこわいって感じたり、激しい言葉がつきささっておびえることもある、どうしようもなくこわくなったり、自由になるのがこわいこともある、かたいからを身につけて、こわくないふりをしている人もいる……でも、おとうさんは、最後にマックスに希望を伝えてくれます。「こわい」についての分析、解説もあります。「こわい」について改めて考えてみることで、「こわい」を受け入れることができるようになるかもしれません。

同じ著者たちによる『どうして なくの?』¿Por qué lloramos?があります。
(偕成社HPより)

中身の一部は
こちら