スペイン語の子どもの本専門ネット書店/7000円以上で国内送料無料                    

  

東京都公安委員会
古物商
許可第305481408610
宇野和美

カートを見る

取扱書籍一覧
本をさがす
キーワード

「タイトル」「著者名」「イラストレータ名」「日本語版タイトル」から、取扱書籍を検索できます。
スペイン語のアクセントはつけずに入力してください。
・タイトルNo paso nadaでさがすなら
  入力例 no paso nada
                 no nada
     
(一部の語も可。
      すべて小文字で入力)

・日本語版タイトル『ペドロの作文』で
 さがすなら

  入力例 ペドロの作文
       ぺどろのさくぶん
  (部分も可。ひらがなも可)
・著者Antonio Skarmetaでさがすなら
  入力例 antonio
                 skarmeta
                 antonio skarmeta
        
 (すべて小文字で入力)
・著者名アントニオ・スカルメタでさがす なら
  入力例 アントニオ
       スカルメタ
       アントニオスカルメタ
   
(全体を入力するときは続けて)

 

中高校生から > スペイン YA > Una bala para el recuerdo
商品詳細

Una bala para el recuerdo



商品番号 YA 21
書名 Una bala para el recuerdo
販売価格 1,900円

数量:

自信がついたら

タイトル: Una bala para el recuerdo
 (覚えておくための銃弾)
文: Maite Carranza 
マイテ・カランサ(スペイン)
出版社: Loqueleo, 2017
サイズ: 14x21.5cm
ページ数: 190ページ
対象年齢: 14歳から
ISBN: 9788491222583

内容
アストゥリアス山中の鉱山の村に住むミゲルの父は、スペイン内戦が始まってまもなく反乱軍に連れ去られたまま、行方知れずとなっています。そこへ、父親は捕虜収容所で生きているという知らせが届きます。父に会いにいき、できるなら連れて戻るようにと命じて、母は13歳のミゲルを送りだします。犬のグレタとともに、ミゲルはひとりぼっちで、国民軍やオオカミの危険が待ちうける山を越え、進んでいきますが……。

13歳のミゲルの冒険にのせて、スペイン内戦の現実が明らかになっていきます。軽快でテンポのよい文章で、先を読めたくなるところは、さすが、国民児童文学賞作家のカランサ。YA小説が初めてという方にもおすすめ。