スペイン語の子どもの本専門ネット書店/7000円以上で国内送料無料                    

  

東京都公安委員会
古物商
許可第305481408610
宇野和美

カートを見る

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

取扱書籍一覧
本をさがす
キーワード

「タイトル」「著者名」「イラストレータ名」「日本語版タイトル」から、取扱書籍を検索できます。
スペイン語のアクセントはつけずに入力してください。
・タイトルNo paso nadaでさがすなら
  入力例 no paso nada
                 no nada
     
(一部の語も可。
      すべて小文字で入力)

・日本語版タイトル『ペドロの作文』で
 さがすなら

  入力例 ペドロの作文
       ぺどろのさくぶん
  (部分も可。ひらがなも可)
・著者Antonio Skarmetaでさがすなら
  入力例 antonio
                 skarmeta
                 antonio skarmeta
        
 (すべて小文字で入力)
・著者名アントニオ・スカルメタでさがす なら
  入力例 アントニオ
       スカルメタ
       アントニオスカルメタ
   
(全体を入力するときは続けて)

 

一般向け > Cuando fui mortal
商品詳細

Cuando fui mortal



商品番号 J039
書名 Cuando fui mortal
販売価格 1,400円

数量:

自信がついたら

タイトル: Cuando fui mortal
(私が死ぬべき存在だったとき)
文: Javier Marías ハビエル・マリアス
(スペイン) 
出版社: Debolsillo, 2007(1996)
サイズ: 13x19cm
ページ数: 168ページ
対象年齢: 一般

内容
スペインでノーベル文学賞の候補というと名前があがるハビエル・マリアスガ1990年代に発表した短編を12編を収録した短編集。
『執着』などの小説の文体よりも1文1文が短い簡潔な表現が多いので、ハビエル・マリアスに初めて挑戦しようという方にもおすすめです。

En los cuentos de Cuando fui mortal se halla, como señaló en su día la crítica, “la oportunidad de abrir la puerta para vislumbrar el universo único de uno de los mejores novelistas contemporáneos”. Por aquí se pasea toda una serie de personajes turbadores: un médico español que visita de noche las casas parisinas de mujeres casadas; un guardaespaldas aficionado al hipódromo que deseará que haya muerto el hombre a quien protege; una aspirante a actriz porno que aguarda la sesión de rodaje junto a su compañero de reparto, al que no conoce; un fantasma que padece la maldición máxima de saber ahora cuanto ocurrió en su vida; un hombre y una mujer muertos por una lanza africana en Madrid; una señorita de compañía que lee libros en voz alta a un fantasma al que ama y muchos otros personajes salidos directamente de Corazón tan blanco o Mañana en la batalla piensa en mí, mostrando que los escritores de talento llevan siempre consigo su estilo y su mundo en sus visitas a cualquier género.