スペイン語の子どもの本専門ネット書店/7000円以上で国内送料無料                    

  

東京都公安委員会
古物商
許可第305481408610
宇野和美

カートを見る

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

取扱書籍一覧
本をさがす
キーワード

「タイトル」「著者名」「イラストレータ名」「日本語版タイトル」から、取扱書籍を検索できます。
スペイン語のアクセントはつけずに入力してください。
・タイトルNo paso nadaでさがすなら
  入力例 no paso nada
                 no nada
     
(一部の語も可。
      すべて小文字で入力)

・日本語版タイトル『ペドロの作文』で
 さがすなら

  入力例 ペドロの作文
       ぺどろのさくぶん
  (部分も可。ひらがなも可)
・著者Antonio Skarmetaでさがすなら
  入力例 antonio
                 skarmeta
                 antonio skarmeta
        
 (すべて小文字で入力)
・著者名アントニオ・スカルメタでさがす なら
  入力例 アントニオ
       スカルメタ
       アントニオスカルメタ
   
(全体を入力するときは続けて)

 

一般向け > Doce cuentos peregrinos/『十二の遍歴の物語』原作
商品詳細

Doce cuentos peregrinos/『十二の遍歴の物語』原作



商品番号 J017
書名 Doce cuentos peregrinos/『十二の遍歴の物語』原作
税込価格 1,400円

数量:

自信がついたら

タイトル: Doce cuentos peregrinos
『十二の遍歴の物語』(新潮社)原作
文: Gabriel García Márquez ガブリエル・ガルシア=マルケス
(コロンビア) 
出版社: Debolsillo
サイズ: 13x19cm
ページ数: 224ページ
対象年齢: 一般


地方紙
〈バラの傷〉から流れ出る血。雪の上に続く血の跡。傷口から流れる魂―コロンビアの小さな村にこだわってきた作家が、一転して、バルセロナ、ジュネーヴ、ローマ、パリといったヨーロッパの都市を舞台に、異国の地を訪れたラテンアメリカ人の孤独を、洗練された文体で描き、そのアイデンティティを模索する幻想小説集。

ほら話のような、ガルシア=マルケスの巧みな語りを、ぜひ体感してみてください。
『純真なエレンディラと邪悪な祖母の信じがたくも痛ましい物語:ガルシア=マルケス中短篇傑作選』(野谷文昭訳 河出書房新社)におさめられている『この世で一番美しい水死者』『聖女』『光は水に似る』も入っています。