スペイン語の子どもの本専門ネット書店/7000円以上で国内送料無料                    

  

東京都公安委員会
古物商
許可第305481408610
宇野和美

カートを見る

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

取扱書籍一覧
本をさがす
キーワード

「タイトル」「著者名」「イラストレータ名」「日本語版タイトル」から、取扱書籍を検索できます。
スペイン語のアクセントはつけずに入力してください。
・タイトルNo paso nadaでさがすなら
  入力例 no paso nada
                 no nada
     
(一部の語も可。
      すべて小文字で入力)

・日本語版タイトル『ペドロの作文』で
 さがすなら

  入力例 ペドロの作文
       ぺどろのさくぶん
  (部分も可。ひらがなも可)
・著者Antonio Skarmetaでさがすなら
  入力例 antonio
                 skarmeta
                 antonio skarmeta
        
 (すべて小文字で入力)
・著者名アントニオ・スカルメタでさがす なら
  入力例 アントニオ
       スカルメタ
       アントニオスカルメタ
   
(全体を入力するときは続けて)

 

6、7、8歳〜 > Le comieron la lengua los ratones
商品詳細

Le comieron la lengua los ratones



商品番号 H8
書名 Le comieron la lengua los ratones
販売価格 2,200円

数量:

少しなれたら

タイトル: Le comieron la lengua los ratones
文: Silvia Molina
シルビア・モリーナ(メキシコ)
絵: Cecilia Varela
セシリア・バレナ(アルゼンチン)
出版社: Cidcli, 2017
サイズ: 19.5x25.5cm
ページ数: 52ページ
対象年齢: 8歳から
ISBN: 9786078351633

内容
マリはお母さんが死んでしまったあと、言葉が出なくなってしまい、みんなに「ネズミに舌を食べられちゃったんだね」と言われます。
そんなマリは、テペスパンのフアンおじさんの家に送り出されます。同じくらいの年のいとこがいて、野原があって、動物もたくさんいるおじさんの家で、マリは声をとりもどせるのでしょうか。

障害をテーマにした本の書き手として、メキシコで定評のあるシルビア・モリーナが、韻をふんだリズミカルな文章で書いた心あたたまるお話。強制されたり、がんばれと言われたりせず、マリが自然と勇気と自信をとりもどしていくようすが感動的です。
セシリア・バレナのやさしく愛らしいイラストも、物語にぴったりです。